天上天下

??????????

エヴァンゲリオンについて

人類補完計画は、人間のA,T,フィールドを消滅させ、人間をLCL(人間の溶けた液体)化し、
全ての思考をひとつにまとめ、生きている限りもっている他人への不安、恐怖etc,,,をなくし、
ココロの安らぎを求めるものであった。

しかし主人公(碇シンジ)は、他人と分かり合えるかもしれないという希望をもって、
人の形を取り戻した。

After EOE (サードインパクト後)の話は書かれていないが、
シンジが人を必要とすれば、人々はもどってくるはずである。

最後のシーンでアスカはシンジに「気持ち悪い」といったが、
それは肉体的苦痛からなのか、シンジのことが気持ち悪いのかは定かではない。
だがシンジはそれでも、アスカから好きとか嫌いとかの感情なしに
思いをぶつけられる必要があることに感動。したはずである。

現実として、人は他人への不安、恐怖など精神的ストレスを非常に感じている。
そのせいからか、戦争という暴力によってその苦痛から開放されているのかもしれない。
だが作中では他人がいなくなったら、他人への不安、恐怖をなくしたら、
それは死んでいるのとかわらない世界だといっている。

戦争を起こせばいいと言ってるわけではない。
他人とわかりあえる希望をもつ、そうすれば人類は平和になれる。
エヴァンゲリオンはそれを暗に意味しているのかもしれない
c0031996_18351615.gif

[PR]
by hellish_vendetta | 2006-02-07 18:37 | evangelion
<< 妄想です やっとなれたよままん >>



Lineage休止中ただいまGunzやって赤目のモカの不定期日記です
カテゴリ
全体
Lineage
Gunz
evangelion
未分類
以前の記事
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧